ロコモエース グルコサミンに代わる新軟骨成分!

関節の痛みや腰の痛みが辛く、テレビで聞いたことがある、
【グルコサミン】
【コンドロイチン】
などの成分が入った商品を購入して試してみたことがある方が多いでしょう。

でも、

  • 結構な金額の割に効果を感じる事が出来なかった
  • 今よりもう少し安くて良いものは無いかな?

と思い、このページにたどり着かれたあなたへ

ぜひ、一度ロコモエースをお試しください。

ロコモエースの評判や口コミ

ロコモエースは、軟骨の構成成分とよばれるプロテオグリカンなどを凝縮したサプリメントで、加齢などに伴う関節や身体の運動障害の痛みを改善する効果があると言われています。

具体的に痛みと歯どんなものでしょうか?

  • 歩き始めると、ひざに痛みを感じる
  • 階段の上り下りのときに、ひざに痛みを感じる
  • 荷物の上げ下ろしのときに、ひじに痛みを感じる
  • 立ち上がるときに、ひざに痛みを感じる
  • 正座がつらい(痛くて出来ない)

などなど、体のふしぶしに痛みを感じていませんか?


ロコモエースをはじめとして、膝や肘の関節の痛み改善のための健康食品は世間に多数あります。

欧米では効果があるとの報告もあります。

ですが、どの成分が、どの症状に効果がある、という明確な研究成果はまだ出ていません。

しかし症状や個人差はありますが、
サプリメントを摂取して実際に痛みに効果のある人がいます


ロコモエースのサプリメントを実際に購入した方の口コミを確認すると、「効果を感じた」という評判がありますので、まとめてみました

ロコモエースの口コミ

52才 女性
2014年09月25日

特に関節に違和感が有る訳では無かったので効果を実感する事はできなかったが、もう少し様子を見てから又使って見てもいいかもと思った。

54才 女性
2014年03月28日
関節痛と言うと、コラーゲンやグルコサミンが有名ですが、ロコモエースには鮭の鼻の軟骨からとった新しい成分プロテオグリカンが入っています。
まだ効果は感じられませんが、1日3粒で良いので続けやすいと思いました。
医者は気休めで意味なし。といいますが、
変形性関節炎のため、多少は・・?どうよ? と気休め覚悟で初めてみました。
一袋飲みましたが、まだわかりません。

自分には合っています

2016年9月27日
飲んでみて膝の痛みが少々楽になったと思います。安心して飲めました。

膝に効いてる

ロコモエースの気になる口コミ

2016年8月1日
右膝も左膝も痛めておりしょっちゅう再発しますが、
以前は痛みがひくまで一ヶ月かかっていました。
痛めたとき、まあ、効けばラッキーかなていどにこれを飲んだら、びっくり。
翌日や翌々日には痛みが半減しています。
何回か痛めてますが、そのたびに以前とは比べものにならない快復力です。
なので今でも定期的に商品を買っています。
私にはプリテオグリカンは合っていたようです。

ロコモエースに配合されている成分 プロテオグリカンは?

ロコモエースを販売しているスマイルジャパンでは、プロテオグリカンという成分に特に注目しました。

ではロコモエースの中身を見ていきましょう。

◆主原材料名
プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨抽出物、鶏軟骨抽出物(非変性Ⅱ型コラーゲン含有)、豚軟骨抽出物(Ⅱ型コラーゲン含有)、ヒアルロン酸、他

◆内容量
1袋90粒(約1カ月分)

◆お召し上がり方
1日3粒を目安に水またはお湯でお召し上がりいただくか、そのまま噛んでお召し上がり下さい。

関節の痛みに効くと言われている、「グルコサミン」「コンドロイチン」の文字がありませんね。

では、次にカラダの構成成分「軟骨の構成成分」を見ていきましょう。

60~80%
Ⅱ型コラーゲン 15~20%
プロテオグリカン 3~5%
ヒアルロン酸 1%
その他

水やその他を除くとプロテオグリカン、ヒアルロン酸、Ⅱ型コラーゲンの3つです。

グルコサミン、コンドロイチンがありませんね。

実はこれらの成分は、Ⅱ型コラーゲンやプロテオグリカンを構成する部品の一部に過ぎないのです。

プロテオグリカンなど構成成分そのものを摂ることで、軟骨成分(プロテオグリカン、Ⅱ型コラーゲン、ヒアルロン酸)をそのまま摂れるのです。


プロテオグリカンが含まれるロコモエースが優れていることがご理解頂けると思います。

また、プロテオグリカンが含有量は、他社製品と比較して3倍も含まれています。

ロコモエースの価格は?通販のみ?

ロコモエースはこで購入出来るの?Amazonや楽天市場で購入できる?

ロコモエース プロテオグリカンに2型コラーゲンを配合したサプリ!

美容や健康などに気にした時にサプリメントを取り入れる人が増えてきています。

サプリメントと一言で言っても様々な種類があり、
取り入れたいけれどどれを選んだら良いのかわからないという人も多いと思います。

サプリの取り入れ方は自分の悩みにあった成分を取り入れていくことが大切です。

ロコモエース プロテオグリカンに2型コラーゲンを配合したサプリ!
ロコモエース プロテオグリカンに2型コラーゲンを配合したサプリ!

加齢による悩みとしては、
体を動かすのがおっくうになった、
ということが挙げられます。

体が重い、
膝が痛い
などが続くとどうしても動きにくくなり、
運動不足になってしまいます。

そんな状態を改善するのにオススメなのが「ロコモエース」になります。

口コミでも評判のサプリメントで、
軟骨成分である
プロテオグリカンや
コラーゲン、
ヒアルロン酸
などが豊富に含まれており、
お財布にも優しい価格から
膝に悩みを抱えている人などに支持されています。

具体的な効果としては、
プロテオグリカンの働きとしては
変形性関節症(変形性肘関節症/変形性膝関節症/変形性股関節症)
などの症状を緩和することなどが期待できます。

プロテオグリカンとは、
タンパク質に糖が結合した糖タンパク質になります。

もともと体内の皮膚や軟骨に多く存在している成分で、
保水性に優れており肌のハリや潤いを保ったり、
軟骨をスムーズに曲げ伸ばししたり
衝撃を吸収するクッションとしての機能などがあります。

しかし、軟骨は使い続けると減っていき骨と骨の間が狭くなって、
直接骨同士がぶつかり合うことで痛みや腫れなどの症状が引き起こされます。

この成分はそんな軟骨の元になる細胞を増やしたり、
増やした軟骨の元になる細胞が早く軟骨に形成するように促す作用があります。

これらの働きによって、
軟骨の再生や現象を予防することができ、
膝が痛いという症状も緩和することが可能です。

また、炎症を抑制する効果もあります。

炎症を抑える性質を持つサイトカインという細胞から分泌されるタンパク質の働きを促す効果があります。

この働きによって炎症を抑制して、
膝の炎症を予防するほか、
大腸炎などの体内の炎症も抑制します。

その他にも、
肥満や糖尿病などの生活習慣病の予防や改善も期待できます。

体重の軽減や血糖値の上昇を抑制する働きがあるほか、
糖尿病の判断基準となるHbA1c値という数値の上昇を抑制することもわかっています。

保水力を高める作用もあるため、
肌の乾燥を防いで、
シミやシワ、
くすみなどの美容面でも大いに役立ちます。

それに加えてロコモエースには、
コラーゲンや
ヒアルロン酸
などの潤い成分が豊富なのも嬉しいポイントといえます。

コラーゲンは、
体の弾力を作り出すタンパク質の一種で、
皮膚や血管、骨などに含まれており細胞と細胞を結びつける働きをしています。

弾力性があるため肌のハリや弾力をもたらすほか、
関節痛を緩和したり、
骨を丈夫にする、
血管をしなやかにして動脈硬化などを防ぐことなどが期待できます。

軟骨は約50%はコラーゲンでできているとされています。

軟骨に含まれるコラーゲンの代謝が悪くなると、
古いコラーゲンが残ってしまい、
弾力性が失われて硬くなった軟骨は
少しの衝撃でも大きなダメージを受けてしまいます。

ダメージを受け続けると
骨と骨がぶつかり合い、
痛みにつながります。

コラーゲンは積極的に摂取することで、
軟骨そのものの新陳代謝を高めることができ、
膝の痛みを緩和していきます。

ヒアルロン酸も関節に含まれています。

特に膝は体全体の体重を支えている関節のため、
かなり負担がかかっている部分です。
歩くだけでも体重の3倍もの負担がかかるといわれています。

ヒアルロン酸は軟骨を形成し、
スムーズな働きを手助けすることで
痛みを和らげる作用があるとされています。

ヒアルロン酸を軟骨細胞に与えることで、
軟骨形成が増加したという報告もあります。

また、
直接ヒアルロン酸を関節痛患者に投与する治療もあり、
ヒアルロン酸は関節に対して有効だということがわかります。

ロコモエースは
このように関節に有効な働きをする成分を豊富に含んでいます。

水なしでもかんで食べることができるため、
手軽にどこでも摂取することができます。

粒数が多いと嫌になってしまうことも多いですが、
1日3粒と少なく飲みやすいのも続けやすいポイントといえます。

ロコモエースには、
体の健康を維持して必要な栄養素を補充するために
必要なものをバランスよく配合しています。

健康を維持するのに有効な健康食品ではありますが、
健康を維持するためにはこれだけを摂取しておけばよい、
というわけではないため注意が必要です。

健康を維持するためには、
サプリメントだけではなく日頃の食事から
バランスよく栄養を摂取していくことが重要となります。

その上で、
足りない部分を補うためにサプリメントを使用していきます。

また、
関節の負担を減らすためには
肥満にならないことなども大切です。

膝が痛くて運動できないという場合には、
膝に負担のかけないトレーニングを行っていくことが良いとされています。

寝る前にストレッチを行うだけでも膝の痛みを予防することにつながります。